黒ゴマで健康生活

|黒ゴマ茶は血圧の上昇を抑えるお茶として市販されています。

黒ゴマ茶


sponsored link

黒ゴマ茶は肝臓や腎臓の機能を改善する健康茶だそうです。

黒ゴマの成分はおよそ45%が体内で合成できない必須脂肪酸のリノール酸とオレイン酸で、血液中のコレステロールをコントロールしてくれます。

そして20%がタンパク質で、アミノ酸をバランス良く含んでいます。

ゴマから抽出されるタンパク質を酵素で分解してできるアミノ酸の結合体・ゴマペプチドには血圧の上昇を抑えるなどの効果が確認されており、血圧が高めの方用にゴマペプチドが含まれるサプリメントや飲料が販売されています。

またゴマに含まれるゴマリグナンという微量成分には高い抗酸化作用や肝機能向上、がん予防などの作用があります。

その他にも抗酸化ビタミンのビタミンEや水溶性ビタミンのビタミンB群が含まれ、鉄や銅、カルシウム、リン、マグネシウム、カリウム、亜鉛、セレンなどのミネラルを含んでいます。

黒ゴマのみを原材料に使用したお茶というものは販売されていません。

多くが黒ゴマ+麦茶など他のお茶とブレンドしたタイプです。

それでも黒ゴマのみのお茶を飲んでみたい方は自分で作ってみるといいでしょう。

黒ゴマ茶の作り方:ねりゴマ10gと水300mlを鍋に入れて半分の量になるまで煎じて出来上がりです。

黒胡麻麦茶

黒ゴマ麦茶は一番スタンダードな黒ゴマ入りのお茶です。

黒ゴマ麦茶」と商品名にありますが、麦茶のほかにウーロン茶やプーアル茶などをブレンドし、飲みやすくなっているものもたくさんあります。

多くのお茶には血液サラサラ効果があり、そこに黒ゴマのもつ血圧を抑える作用と血中コレステロールを正常に調節する作用が合わさり、体の中から健康を維持する効果が期待されています。

黒ゴマ麦茶には健康食品として有名な黒豆も一緒にブレンドしたタイプもよく見かけます。

黒豆にも血液サラサラ作用があり、黒ゴマと同じくアントシアニンというポリフェノールを含んでいます。

黒豆にはイソフラボンも含まれているので女性に嬉しいお茶ですね。

胡麻麦茶

黒ゴマ茶として有名なのがサントリーの胡麻麦茶です。

胡麻麦茶にはゴマペプチドが含まれており、血圧上昇を抑制するので、血圧の高めの方におすすめのお茶となっています。

また黒ゴマの大麦やハト麦、大豆をバランスよくブレンドしたあり、料理によく合い、香ばしくてスッキリと飲みやすいのが特徴です。

[スポンサードリンク]