黒ゴマで健康生活

|黒ゴマの歴史や栽培地域など。

黒ゴマについて


sponsored link

ゴマは古くから保存が効く食物として多くの地域で食べられてきました。

原産地はアフリカのサバンナ地帯で、ヨーロッパや東南アジアへ広がり、日本へは中国のシルクロードを経由して運ばれてきました。

ゴマが生まれたサバンナ地帯は乾季と雨季がはっきりしており、乾季には砂漠並みに乾燥するため、ゴマは乾燥に強い植物という特徴を持っています。逆に雨が多いと生育が悪くなってしまいます。

近年では白ゴマはゴマ油やごまドレッシングなどに加工され、黒ゴマは荒くすって料理に付け足す調味料として使用されることが多いようです。

黒ゴマは白ゴマに比べ油分が少ないので、油として使用することに向きません。

また黒ゴマの黒い色素はポリフェノールのアントシアニンなので健康に良いという観点から視覚的にも体に良いとして、”黒い”デザートの原料として使用されています。

ゴマに含まれているカルシウムや鉄分などの各種ミネラルやビタミンはゴマの種皮に多く含まれているため、ゴマをすって使用するほうが吸収効率が高くなるそうです。

黒ゴマも例外ではなく、食べるときはよく噛んで食べる、すって食べるなど一工夫するだけで栄養成分の吸収しやすさが違います。

ゴマに含まれるセサミンなどのゴマリグナンは抗酸化作用も強く、アンチエイジングやがん予防、生活習慣病など近年いわれている病気の要因「体の酸化」を防ぐとして注目されています。

コンテンツ一覧

インフォメーション

[スポンサードリンク]